老人性イボはうつるの?だって、どんどん増えていくんです・・・。

首元・胸元・目元にできやすい「老人性イボ」。

 

「イボ」と言えば、よく疑問に思われるのが、

「他の人にもうつるんじゃないの?」
「違う部位にもうるつんじゃないの?」

ということです。

 

確かにイボの中にはウイルス性のイボもあり、うつるものもありますよね。

 

ですが、「老人性イボ」の場合は、うつるものではありません。

 

他の人にうつったり、違う部位にうつったり・・・という心配は無用なんです。

痛みもないので放置しておいても健康上は特に大きな問題になりません。

 

ですが、そのまま放置していると、数が増えてきたり、大きくなってきたりするんですよね。

 

「1つや2つだったら気にならなかったけど、数が増えすぎて鏡を見るのが嫌になってきた・・・。」

という人も多いです。

 

でも、うつらないような老人性イボなのに、なぜそんなに増えるてしまうのでしょうか?

 

みなさんは知っていますか?

うつらないのに増える理由、それは、「老化」しているからなんです。

 

老人性イボは、多かれ少なかれ年齢が影響しています。

歳をとると、新陳代謝が低下して、肌のターンオーバーもどうしても乱れがち。

ターンオーバーが乱れると古い角質も肌に残ってしまい、老人性イボになりやすいのです。

 

しかも、紫外線や乾燥などのダメージを受けやすいので、より発生リスクが高まります。

つまり、肌の老化に対応したケアをしてあげなければ、あなたの肌は老人性イボができやすい状態をキープし続けることになるのです。

 

だからこそ、うつったわけでもないのに老人性イボが増えていくのです。

でも、老人性イボが出来にくいように肌の老化に対応したケアをしていけば、老人性イボは回避することも実は可能なんです。

 

たとえば、肌のターンオーバーを整えて老人性イボに対応したケアが出来るスキンケア化粧品を使うことも、一つの手だと思います。

ただし、しっかりケアを続けないと意味がありませんよ。

 

老人性イボが無くなってきたからと言ってケアを止めてしまうと、再び老人性イボが出来やすい肌に逆戻りしてしまうからです。

つまり、老化とうまく付き合って行くことが必要なんですよね。

 

ですから、もし老人性イボがない肌を保ちたいなら、ずっと続けられるようなスキンケア方法を選ぶことがおすすめです。

 

私の場合は、「艶つや習慣(つやつや習慣)」という老人性イボのケアも出来るオールインワンジェルを使用しています。

 

あなたもスキンケア方法を選ぶときは、長い付き合いになることを考えて、効果的・金銭的・利便性を考えてケアを選んでくださいね。

 

 

コメントは受け付けていません。