市販薬で老人性イボの治療薬はある?

首元・胸元・目元など、見える部位にできやすい老人性イボで悩んでいる人はいませんか?

老人性イボの解決方法としては、

  • 病院での除去治療
  • 内服薬の服用
  • スキンケア
この3つが主な手段としてありますよね。

しかし、病院での除去治療はあくまでも肌にできてしまった老人性イボを除去することがメインです。

老人性イボができやすい肌環境を治せる訳ではないんですよね。

 

つまり、病院でイボを取っても、またイボができるということです。

 

しかも、病院に行く時間も作らなければなりません。

また、保険がきかない治療があるなどデメリットもあります。

 

そのため、老人性イボを無くしたいという人は、

「市販薬か、スキンケア商品で無くしたい!」

と思っている人が多いようです。

では、老人性イボ向けの市販薬やスキンケア商品では、どのようなものがオススメなのでしょうか?

 

老人性イボに効く「市販薬」はあるの?

まず、市販薬で老人性イボに使用できるのが、「イボコロリ内服薬」や「ヨクイニンタブレット」などのヨクイニンが配合されている飲む薬です。

ヨクイニンは漢方でも有名な成分で、イボとり効果があると言われています。

ハトムギの殻を取ったものが、ヨクイニンです。

 

しかし、直接イボにだけ効くようなものではなく、体の中から環境を整えることで、結果的に肌の状態を良くしてイボができにくいよう仕組みです。

体全体の環境も良くなる嬉しい成分ですが、直接イボに作用するものではないので、効果があらわれだすまでに大幅に時間がかかるのがデメリットです。

イボのケアの補助的に使うのなら良いのですが、単独での使用だと物足りないかもしれないですね。

 

ちなみに、「イボコロリ」には塗るタイプや絆創膏タイプもあります。

ですが、老人性イボには絶対に使わないでください。

 

ウイルス性のイボ用の商品なので、皮膚を溶かす非常に強い成分が入っているんです。

知らずに老人性イボに使うと大変なことになりますので注意してくださいね。

 

実は、塗り薬で老人性イボに使えそうな薬ってなかなか無いんですよね・・・。

 

でも、老人性イボに特化していて、安全で直接的に効果を出せるスキンケア商品はあるんですよ。

たとえば、今一番人気の「艶つや習慣(つやつや習慣)」です。

 

「老人性イボに使えて、安全で直接的な効果がある商品ってないの?」

という声にも対応できちゃいます。

 

イボとり効果がある、あんずエキス・ハトムギエキス(ヨクイニン)を肌表面から直接アプローチできて、さらに様々な美肌成分が配合されているので多面的にイボに直接アプローチしてくれます。

 

ですから、もし病院以外での老人性イボのケアを考えているなら、市販薬を探すよりは、そういったスキンケア商品のほうが最適かもしれませんよ。

ぜひ一度調べてみてくださいね!

 

コメントは受け付けていません。