老人性イボにイボコロリを使ってもいい?顔だけど・・・。

気がついたら首まわりにできてしまうポツポツイボ。

そのポツポツ、「老人性イボ」といわれるもののことがほとんどです。

 

でも、「イボ」と言ってしまうと、

「イボなら、ドラッグストアでイボの市販薬を見かけたことがあるからそれを買いに行こう!」

という人が出てきちゃうんですよね。

 

実はそんな人は要注意なんですよ。

 

確かに「イボ」の市販薬ってドラッグストアで見かけますよね。

 

イボコロリとか、塗るだけでイボが取れるような市販薬が結構店頭に並んでいます。

 

私も商品を目にして気になっていたことがあるので、じっくりチェックしたこともあります。

ですが、そういった塗ってイボを除去するタイプの市販薬は、基本的にウイルス性のイボのために作られた強力な商品なんですよね・・・。

 

皮膚や角質を強制的に溶かしてしまうような成分が含まれているので、あまりに強力すぎて、皮膚の薄いような顔などに塗ると非常に危険なんです。

メーカーが出している使用上の注意にも、顔面、目の周囲や唇、粘膜はもちろん、首などの皮膚のやわらかい部分も使用しないようにと記載されています。

 

しかも、老人性イボにも使用不可とされているんですよ。

 

そのくらい危険なので、

「市販品で老人性イボが簡単に無くせるかも!」

と思っている人は要注意なんです。

 

それから、

「強力なら絶対取れそう!量を調節してうまく使えば大丈夫じゃないの?市販品で老人性イボを溶かしてみよう!」

というチャレンジャーな人も中にはいるかもしれませんね・・・。

 

でも、それは絶対に止めてくださいね。

 

軽はずみに塗ってしまい、

「イボが余計に真っ黒く目立つようになり、さらに痛くなった・・・。」

という人もいます。

口コミでも多くチェックすることができますよ。

効果がないどころか、大切な肌が取り返しのつかないことになってからじゃ遅いですから、後悔しないように止めておきましょう。

 

では、もっと違う商品はないのでしょうか?

 

私も色々調べたのですが、老人性イボに塗ってイボを取るような市販薬は無いようなんです。

あるとしたら漢方薬の飲み薬だけで、直接的に作用するものではないようです。

 

ちなみに、漢方薬は「ヨクイニン」になります。

イボコロリの内服薬は、「ヨクイニン」が使われています。

ヨクイニンなら老人性イボのケアとして使っても、何の問題もありません。

ただ、調べたところ、市販薬ではなく、スキンケア商品としては最適な商品がありました。

 

最近よく口コミでも耳にする「艶つや習慣(つやつや習慣)」という商品です。

 

「艶つや習慣」ならイボに効く有効成分が配合されていて、安全で安心してイボを直接的にケアできます。

老人性イボを治せるのは、市販薬とは限らないということです。

 

もし市販薬でなんとかしようと思っている人がいるようでしたら、ぜひ発想を変えて、「艶つや習慣」を試してみてはいかがでしょうか?

 

コメントは受け付けていません。