杏仁オイルは、多くのイボケア用品にも使用!その実力とは?

老人性イボの民間療法の一つとして、杏仁オイルを使ったケアがあります。

杏仁オイルを使ったケアは、口コミでもよく耳にしますよね。

 

杏仁オイルは、イボケアのスキンケアにも使用されています。
例えば、「艶つや習慣(つやつや習慣)」など。

多くのイボケアには、杏仁オイルが使用されているんですよ。

 

杏仁オイルとは、アンズの種から絞り出した油です。
アプリコットオイルとも呼ばれています。

 

杏仁オイルには、パルミトレイン酸が含まれています。

それも豊富に。

 

パルミトレイン酸は、誰の肌にも含まれている成分です。
しかし、悲しいことに、年齢を重ねるうちに、どんどん少なくなっています。

パルミトレイン酸は、「若さの脂肪酸」という別名もあるくらい、肌の若さに関係している成分なんです。

 

老人性イボの原因は「老化」です。

だからこそ、杏仁オイルがイボケアとして使われるんですね。

パルミトレイン酸だけが、杏仁オイルの特徴ではありません。

 

杏仁オイルには、オレイン酸、リノール酸、ステアリン酸も含まれています。

それぞれ、肌を保湿したり、老化を拭いだり、肌を滑らかにしてくれたりする効果があります。

 

老人性イボの原因は、老化や紫外線になります。

首イボなどのイボは、古い角質です。

本来なら、角質は肌のターンオーバーによって体外に排出されます。

しかし、ターンオーバーが乱れると角質は、うまく体外に排出されません。

 

角質が、排出されずに肌に溜まり、それが老人性イボとなります。

杏仁オイルによる効果は、肌の老化を予防することができます。

さらには、マッサージとして使うことで、肌の血行がよくなります。
血行がよくなると、新陳代謝も高まります。

 

新陳代謝が高まると、肌のターンオーバーのサイクルも正常に近づきます。

このことが、杏仁オイルでイボケアできる理由になります。

 

杏仁オイルで、老人性イボをケアする方法

メイクを落として、キレイに洗顔した後に使います。

入浴後に使うのが、おすすめです。

 

肌も清潔になっていますし、入浴によって肌が温まっています。

肌は温まると毛穴が開きます。

 

毛穴が開くと、成分の浸透力もあがります。

より杏仁オイルの効果が得られるので、入浴後に使うようにしてみてくださいね。

首イボなど、老人性イボが気になるところに杏仁オイルを塗ってください。

この時に一緒にマッサージを行うのもおすすめです。

 

塗っていると、だんだんとイボが変色したり、形が変わったりしてきます。

そうなると、自然にポロリとなります。

 

ただし、全員が杏仁オイルでの効果を実感できるわけではありません。

また、効果を実感するには時間もかかります。

最低でも3ヶ月のスパンで様子をみてくださいね。

 

コメントは受け付けていません。