イボケアとしては使い方は簡単!だから継続できるんです。

スキンケアジェルにはいろんな種類があります。

その中でも、角質のケアも意識して使うことが多いと思います。

いま注目を集めているのが「艶つや習慣(つやつや習慣)」です。

「肌がすべすべになった。」
「ざらつきが解消された。」

など口コミでも高い評価を確認できます。

 

満足度が97%もありますから、リピーターも多いんです。

満足度やリピーターが多いのは、効果を実感している人が多いのは当然です。

 

でも、それ以外にも理由はあります。

それは、「使い方」です。

 

艶つや習慣は、老人性イボのケアができます。

その最大の特徴は、「簡単ケア」にあります。

 

イボケアは継続できないと効果は実感できません。

でも、97%の人が満足しているということは、それだけ多くの人が継続できているという証拠です。

 

どうして、多くの人が継続できるのか?

 

それは、値段の要素や、効果だけでなく、「使い方」が「簡単」だからです。

どれだけ簡単ケアなのか、紹介しますね。

 

艶つや習慣の簡単な使い方とは?

「艶つや習慣」は、オールインワンジェルです。

1つで、角質のケアと一般的なスキンケアを同時にできるジェル化粧品です。

 

そう、オールインワンジェルでイボケアできる画期的なケア用品です。

つまり、肌のお手入れの化粧水、乳液、美容液、保湿そして、イボケアを手間を掛けずにできるんです。

 

時間のかかる夜のお手入れを効率的に行うことができる優れものなんです。

 

艶つや習慣は、夜にメイクを落とし、入浴・洗顔を終わらせた後に使用します。

さくらんぼ程度の少量を手にとって、顔全体にのばしていきます。

 

その流れでマッサージを3分から5分程度行うことによって、顔の肌の代謝が徐々に良くなってきます。

マッサージは可能な限り行うようにしましょう。

 

実は、マッサージを行うかどうかが効果を実感できるポイントでもあります。

 

3分程度の簡単なマッサージでよいですよ。

この使い方を毎日継続することで、正常なターンオーバーが取り戻すことができるようになってきます。

 

夜だけでなく、朝のお手入れにも取り入れてください。

1日2回、艶つや習慣を塗りましょう。

 

少しの時間でも大切にしたい朝の時間にも、威力を発揮します。

肌に塗るだけでもスキンケアとしては十分なのはもちろんです。

ですが、角質のケアの方でも年を重ねると目立ってくる茶色のイボのようなものがポロポロ取れたりして、理想的な肌に近づいていきます。

 

「艶つや習慣」を使っていると茶色のイボのようなものだけでなく、小さなポツポツが取れそうになることがよくあります。

このとき、絶対に無理やり取ろうとはしないでください。

 

跡が残ってしまって取り返しのつかないことになりかねません。

必ず、自然に取れるまで継続して使ってください。

 

そうすることによって、正常に近づいているターンオーバーの働きとの相乗効果で、跡の残らないつるつるのお肌なっていきます。

 

日常的な使用だけでも十分なのですが、さらにオススメの使用方法があります。

 

それは入浴した時に行うスペシャルパックというものです。

週に1~2回、いつもよりもたっぷり肌に塗り10分程度湯船につかるものになります。

その後、つやつや習慣を洗い流すと肌の色も明るくなります。

自分の肌の状態に驚くことになるかもしれませんよ。

 

「艶つや習慣」は、簡単な使い方であるからこそ、継続しやすくなっています。

簡単な使い方ですむのですから、あなたも継続することをわすれないでくださいね。

 

コメントは受け付けていません。