艶つや習慣VSシルキースワン!!あなたはどちらを選ぶ?

首まわりや顔まわりのポツポツイボのケアに今一番人気があるのが「艶つや習慣(つやつや習慣)」ですよね。

老人性イボにも効果があると口コミでも話題になっていますよね。

 

ただ、同じように首まわりのポツポツイボケアができるスキンケア商品として、
「シルキースワン」という商品もあるんです。

 

気になっていた!という人もいるのではないでしょうか。

2つとも似たような商品に思えるのですが、どういったところに違いがあるのでしょうか?

 

商品を選ぶ上でも知っておきたいですよね。

今回は成分や値段など、違いを調べてみたのでご紹介したいと思います!

 

艶つや習慣とシルキースワンの違いとは?

まず、大きな違いとして注目したいのが、

 

「艶つや習慣」は首だけではなく、顔や全身に使えるスキンケア商品ですが、
「シルキースワン」は首元専用商品ということです。

 

艶つや習慣→全身に使用可能
シルキースワン→首元専用

 

つまり、目のまわりにできやすい稗粒種や、体のカサつきにも使いたいとしたら、「艶つや習慣」のほうが対応できて良いかもしれませんね。

それから、成分に関しても違いがあるようです。

 

「艶つや習慣」のイボに対する主な成分は、あんずエキスとハトムギエキス(ヨクイニンエキス)です。
Wのパワーでポツポツに働きかけてくれます。

 

それに対して、「シルキースワン」のイボに対する主な成分は、2種類のヨクイニンエキス(ヨクイニンエキスとハトムギ種子エキス)だそうです。

どちらもヨクイニンが含まれているようですが、詳しく見ると多少違うようです。

それから、気になる価格の違いもご紹介しておきますね。

 

艶つや習慣

容量:120g(1個で約1ヶ月分)
通常価格:4,104円(税込)

 

シルキースワン

容量:20g×2個(2個で約1ヶ月分)
通常価格:10,584円(税込)

 

 

容量と金額を見合わせても、価格的には「艶つや習慣」のほうがお得なようです。

 

ちなみに、どちらも定期便の初回など、大幅に割引してくれるようなのですが、それを考えても「艶つや習慣」のほうがお得になるようです。

実際両方試してみると、「艶つや習慣」は容量も多いですし、首や胸元や顔にも使えるので、ストレス無くたっぷり塗れて肌全体が整う感じでした。

 

「シルキースワン」のほうはさすがに容量が少ないので、首まわりにできたポツポツに塗っていくイメージだったのですが、さすがにあっという間に無くなってしまいました。

 

どちらが良いかは一人ひとりの肌の状態や価値観によっても違うでしょうから一概には言えませんが、個人的には「艶つや習慣」のほうが続けやすくてオススメです。

老人性イボのケアは続けることが大切ですから、あなたに合った商品で、無理なく続けられるものを選ぶと良いと思いますよ!

 

コメントは受け付けていません。