艶つや習慣はホクロにも有効!?

ポツポツと肌にあらわれた老人性イボが取れると評判の「艶つや習慣(つやつや習慣)」

「艶つや習慣でホクロも取れた!」

というウワサがあるようなのですが、みなさんはそんなウワサをご存知でしたか?

でも、そのウワサ、本当なのでしょうか?

真偽を確かめてみたのでご紹介しますね。

 

まず、結論から言ってしまうと、「艶つや習慣」ではホクロは取れないようです・・・。

 

理由はホクロと老人性イボのメカニズムの違いが原因です。

 

そもそもホクロは、皮膚の一部にメラノサイト(メラニンを生成する細胞)が集まってできる母斑と言われるものです。

つまり、皮膚の内側から発生するものです。

 

それに対し、老人性イボは肌の生まれ変わりがうまくできずに、皮膚の表面に残った角質などが固まって発生したものです。

 

つまり、皮膚内部と表面で、全然違うということです。

 

ここで、一旦「艶つや習慣」について再確認しましょう。

 

「艶つや習慣」はポツポツした首イボやザラザラした皮膚表面を改善することを目的とした商品ですよね。

あんずエキスやハトムギエキス(ヨクイニン)などの有効成分が配合されています。

ですので、皮膚表面にできる老人性イボや角質異常に高い効果があります。

ですから、皮膚表面にできる老人性イボに効果は出ても、皮膚の内部から発生するホクロには効果がなくて当然なのです。

 

しかし、なぜ「艶つや習慣」がホクロに効果があるというウワサがあったのでしょうか?

気になりますよね。

 

それは多分、

「ホクロだと思っていた老人性イボが取れた。」

というのが現実なんだと思います。

 

老人性イボってホクロに似ているものもありますものね。

 

色も黒っぽかったり、茶色っぽかったりして、老人性イボについてよく知らない人には区別がつかないこともあるようです。

 

だから間違って

「艶つや習慣でホクロが取れた!」

と思って喜んでしまったんだと思います。

 

もしも本物のホクロをポロッと取りたいという場合は、美容外科や皮膚科などの病院でレーザー治療を受けたほうが良いと思います。

 

ただ、やっぱり本物のホクロか判断できない場合もあると思います。

ですので、実際は老人性イボだったということがあると思うので、意外に「艶つや習慣」が有効な可能性もあるということですね。

 

ホクロか老人性イボか判断できないものがポツポツとたくさん出てきたら、それはもしかすると老人性イボの可能性もあります。

 

増えていく場合や、肌のザラツキも気になるな・・・

という場合は「艶つや習慣」を試してみても良いかもしれませんね。

 

コメントは受け付けていません。