艶つや習慣とハトムギを併用すると・・・最強のイボケアに!

艶つや習慣(つやつや習慣)は、顔にできた老人性イボにも使用することができます。

なかなか、顔や首に使えるイボケアは少ないですよね。

艶つや習慣は、顔にでも使えるので口コミでも話題になっています。

ですが、艶つや習慣にもデメリットがあります。

 

それは、

効果に即効性がない

という点です。

 

艶つや習慣は「薬」ではありません。

薬ではありませんから、効果を感じるまでには時間もかかってしまいます。

 

でも、痛みもなくキレイに取れるのがメリットです。

艶つや習慣で効果を感じるスピードをあげる裏技があるんです。

その裏技を紹介しますね。

 

艶つや習慣の効果を引き出す裏技?!

 

裏技とはズバリ、

他のケアとの併用

です。

 

艶つや習慣だけで、イボケアをするのではなく、他のイボケアと併用しましょう。

イボケアを併用して行うことで、艶つや習慣の効果を最大限に引き出すことができます。

 

おすすめなのは、「ハトムギ」の摂取です。

 

昔からハトムギはイボを取ったり予防するのにいいといわれているのをご存知ですか?

老人性イボに悩んでいるのなら、良く知っているかもしれませんね。

 

「はと麦茶を飲むとイボが取れる。」

と、昔から知られていました。

 

ハトムギには、イボを取ったりできるのを予防するだけではありません。

乾燥肌対策や、肌荒れ解消、美肌作り効果、抗腫瘍作用などがあるとされています。

浮腫みなどを解消してくれる効果もあります。

 

ですから、女性の方は、積極的に摂った方がいい成分といわれています。

 

漢方薬の「ヨクイニン」はハトムギから抽出した成分です。

ヨクイニンといえば、イボに効果がある漢方薬で有名ですよね。

 

あの有名なイボコロリ。

イボコロリの内服薬の成分は「ヨクイニン」なんです。

 

でも、漢方薬って飲みにくいですよね?

 

良いといわれていてもなかなか飲めないという方も多いのではないでしょうか。

ハトムギのサプリには、錠剤もあります。

飲みにくいと感じている人は、錠剤を選ぶといいですよ。

 

また、ハトムギも効果を実感するまでには時間がかかります。

ですので、ハトムギだけで効果を得ようとすると、長期的に飲み続けなければならなくなります。

 

ヨクイニンの他にも、ハトムギを摂取する方法としては、サプリメントやハトムギ茶があります。

どちらも手軽に摂取することができますが、やはり効果を実感するまでには時間が必要です。

 

そこで、身体の中からだけでなく、外からもイボケアを行うことが大事です。

 

艶つや習慣で、体の外からケアをし、ハトムギで体の外からケアをします。

 

両方のイボケアを行うことで、相乗効果となって、イボにアタックしてくれます。

余裕がある人は、艶つや習慣とハトムギを併用してケアしてみてくださいね。

 

コメントは受け付けていません。